PR

 「日経ものづくり」が2016年2月に実施したアンケート調査「新規事業開発の方向」では、新規事業開発の成否を左右する要因の一端が明らかになりました。基本的な調査結果は「日経ものづくり」2016年3月号「数字で見る現場」に掲載しました。新規事業開発のアイデアは顧客から得て、その要望からのかい離が少ないほど成功する傾向があること、組織的な取り組みが不足していると失敗しがちであること、などが分かりました。ここでは、日経ものづくり2016年3月号に掲載し切れなかった結果を紹介します。新規事業開発の組織的な取り組みの在り方は、担当者の育成や人・もの・金を十分に投入する一方で、発案者や希望者の裁量に任せるという、支援強化と権限移譲の微妙なバランスが通常業務以上に要求されるようです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)