PR

三菱は自動車分野で追い風受ける

 三菱電機の上期営業利益は1270億円と、前年同期から57億円の増益となった。牽引役は産業メカトロニクス部門で、営業利益の過半をたたき出している。特に、自動車機器事業が国内外で好調に推移している。

 電子デバイス部門の増益も自動車用パワーデバイスの増益によるところが大きい。自動車のエレクトロニクス化が当面は同社の追い風だ。早急な構造改革を必要とする部門がないことも、安定した収益の要因となっている。

会社決算資料よりIHS Technology作成
会社決算資料よりIHS Technology作成
[画像のクリックで拡大表示]