PR

2003年時点で捉えた変化の予兆

 ここで、SBIがかつて配信したレポートを使って、当時起きていた変化を見てみよう。

 このレポートが書かれたのは2003年、米軍によるイラク侵攻が起きた年だった。小泉政権は郵政公社の立ち上げにこぎつけ、街にはSMAPの「世界に一つだけの花」が流れていた。2001年から東京を中心にサービスを開始したNTTドコモの携帯電話サービス「FOMA」は、この年までにサービスエリアを拡大し、翌年の「900i」シリーズ登場で本格的な3G(第3世代移動通信)時代が始まる直前だった。

Blog(Web logsの省略形)とは、<中略>リアルタイムでインターネット上に公開することができる雑誌記事などのオンラインログである。このブログとは異なり、携帯電話などモバイルからWeb上のサイトにアクセスしたり、情報をアップすることをMoblog(モブログ)と呼ぶ
――「モブロギング」(SBI)より

 「モブロギング」と題されたこのレポート*2は、このようにブログの説明が必要だった当時、早くも始まっていた「モブログ」という新しい行動を定義した後、「モブログが広く普及すれば、何らかの事件が起きたとき、(ジャーナリストに限らず)誰もがすぐに写真や意見をリアルタイムでインターネット上に公開できる」と説明し、変化の発展可能性と社会への影響について述べ始める。

*2 SBIによるレポート「モブロギング」は、こちらを参照。

 レポートでは、当時既に先進的技術に通じたオピニオンリーダーとして知られていた伊藤譲一氏(現・米マサチューセッツ工科大学 メディアラボ所長)と、ジャーナリストのジャスティン・ホール氏との対談記事の内容を紹介している。ホール氏は、米紙『The New York Times』が後に「個人ブログの父」とまで呼んだ人物だ。

おそらく最も重要なことは、モブログが個人を対象にしたものであり、個人と社会集団とのコミュニケーションを促進する手段になるということだ。日本の技術解説者でモブロガーの伊藤譲一氏は、TheFeature.comのジャスティン・ホール氏との対談記事で、この見解について語っている。伊藤氏は、Weblog にどのような文章や最新情報がアップされているかを示し、写真付きのモブログのほうが、より個人的な内容であることを指摘している。たとえば、ランチを食べている、友人とおしゃべりをしている、異国のリゾート地に来ている、といった具合だ。このような個人情報はニュースではないが、当事者の家族や友人にとっては意味のある情報となる
――「モブロギング」(SBI)より

 彼の意見は、モバイル技術が普及した未来で、コミュニケーションの自由を獲得した生活者が、「何のためにその道具を使いたがるか」を強く予見させる。

 マーク・ザッカーバーグ氏らが米ハーバード大の学生向けにFacebookのサービスを開始したのが翌2004年、初代iPhoneによってスマートフォン時代の幕が開くのが2007年なので、その年までFacebookはパソコンからの利用が中心だったことになる。その後、Facebookが、日本語を含めて多言語対応を果たし米国外でも急拡大するのが2008年である。

 それらすべてがそろう5年も前に、使いにくいガラケーやブラックベリーなどで新しい行動を起こし始めていたモブロガーたちは、かなりの先駆者だったといえるだろう。