PR

医療機器業界への飛び火も心配だが…

 医療機器に携わる人たちからすれば、前出の不備の割合は、決して特筆に値だとは感じないだろう。なぜなら、医薬品の3万余品目に対して、医療機器は一桁多い30万品目以上もある。単純に、前出の一斉点検と同じことを医療機器メーカーに命じたら、「誤記」や「情報更新遅延」といった同類の問題点は10倍規模の数字で明らかになるに違いない。

 しかし、厚生労働省や医薬品医療機器総合機構(PMDA)も、まさか同様の一斉点検をやらせようなどとは思わないだろう。こういう実態を招いていることが、メーカー側の落ち度だけとは言い切れない部分があるからだ。

 もちろん、申請書を出すメーカー側の法令順守やチェック体制の強化は必須である。しかし、そんな些細なことでは、事の本質に迫れない。医療機器業界には、さらに違った事情もあるからだ。この問題については、次回のコラムで詳述したいと考えている。