PR

工程間はロボットに任せる

 このようなコンセプトに合わせて生産設備も刷新する。TDKは、生産設備の多くを内製している。その際、特に重要なテーマとなるのが「生産性と柔軟性の両立」である。

 生産性を高めるには、なるべく工程と工程の間を切らず、一貫ラインにするのが望ましい。工程間のつなぎ目がなくなれば、その分だけ人を配置しなくても済むからだ。ただし、一貫ラインにすると、今度は柔軟性が犠牲になる。そこで、解決策の一例として石黒氏が挙げるのはロボットである。工程間の段取りや運搬といった作業を人ではなくロボットに任せれば、生産性と柔軟性を両立できる可能性が高い。

 実は、新棟の竣工と同時期に開催されていた「CEATEC JAPAN 2016」に、TDKは双腕ロボットを搭載した無人搬送車(AGV:Automated Guided Vehicle)と無線給電システムを出展していた(関連記事)。これは、まさに前述のようなコンセプトに基づいたものだという。

 さらに、新棟では無線通信技術の採用も検討している。大量のセンサーデータを有線だけで収集しようとすれば、生産ラインがケーブルだらけになってしまう恐れがある。ビッグデータの本格的な活用に向けて、無線通信技術は欠かせない。「新規設計の生産設備だからこそ試せることがたくさんある」(TDK生産本部生産技術センター本社プロジェクト担当 担当課長の小堤徹氏)。

TDK版インダストリー4.5で想定している生産ラインの姿。無線通信技術(Wi-Fi)の採用にも触れている。
TDK版インダストリー4.5で想定している生産ラインの姿。無線通信技術(Wi-Fi)の採用にも触れている。
[画像のクリックで拡大表示]

 次世代の生産ラインの確立に向けて、組織体制も見直す。従来は、各事業部がそれぞれの製品に最適化した生産ラインを構築していた。今後は、横断的なチームを設けて、「積層」「計測」などの機能ごとに最適な工程を設計する。これによって、汎用性の高い生産技術をさまざまな製品に適用できるようにする。「今までは縦割りだったので、良い技術でも他に適用するのが難しかった。これからは、幅広く使える技術をみんなで考えていく」(小堤氏)。新棟の成果は、既存の工場にも順次適用するという。