PR

要素技術だけでは勝てない

 ここで西岡氏は、「組み合わせ」の重要性を指摘した。「どれだけ要素技術が優れていても、第4次産業革命ではそれだけで勝てるわけではない。それらが『つながる』仕組みが不可欠になる」(同氏)。そのためには、さまざまなプレーヤーが要素技術を持ち寄らなければならないが、つながることでどのようなメリットを享受できるのか事前に見通すことは難しい。従って、最初からWin-Winの関係を構築しようとするのではなく、リスク覚悟で踏み出す必要があるという。

 坂口氏は、第4次産業革命のような動きを国が主導することは本当にいいことなのかという疑問も投げ掛けた。これに対して西岡氏は、「国は主導するのではなく、各プレーヤーの役割を交通整理する立場」だと指摘した。

武州工業の林氏
武州工業の林氏
[画像のクリックで拡大表示]

 武州工業の林氏も、「FAの分野はバラバラに発展してきた経緯があるので、『何でも一緒に』という形でまとまるのは難しい」という見解を述べた。東京都青梅市に本社を置く武州工業は、自動車の熱交換器パイプや板金部品を手掛けるメーカーであり、ITの活用も積極的に進めている。実際にメーカーを経営する林氏から見ても、ある程度は民間主体で進めた方がいいということだった。