PR

意図的であったかどうかは当事者の主観に依存する

 東芝の会計処理には、不適切性の観点からも違法性の観点からも、明確に判断できない難しさがある。

 まず、不適切性の分類でいえば、意図的であったのであれば「不正」ということになる。不正ということになれば、利益を過大計上していたので、すなわち「粉飾」ということになる。ここでの最大の争点は、意図的だったかどうかだ。しかし、そこが難しい。意図的であったかどうかは、当事者の主観によるところが大きいからだ。

 2015年7月21日に公開された第三者委員会の報告書では、至る所で「意図的だった」という判断がなされている。確かに、状況証拠を積み上げれば、多分に「利益を過大計上しよう」という意図が感じられる。しかし、それはあくまでも第三者の心証である(発表資料「第三者委員会による調査報告書の受領と今後の当社の対応について」)。

 辞任した3人の歴代社長は皆、一貫して意図的であったことを否定している。「チャレンジ」という表現についても、そこに「利益を過大計上せよ」という意図はなかったと言い続けているのである。

 意図的であるかどうかが不明であれば、粉飾以前に不正とも言えない。そこにグレーな部分が残る以上、不適切会計としか言えなくなる。