PR

 筆者の専門分野はエレクトロニクスですが、同分野の専門展示会ではなかなかお目にかかることがないユニークな技術に出会えることから、毎年楽しみに訪れている展示会があります。その1つが、機械加工や表面処理などを対象とする「機械要素技術展(M-Tech)」です。普段出会うことのない地方の中小メーカーに接することができるのも楽しみです。今年は6月21~23日の3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催されました。最近は、同時開催展の「設計・製造ソリューション展(DMS)」「3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」「医療機器開発・製造展(MEDIX)」も一緒に見ることができます。

今年の「機械要素技術展」は同時開催展と合わせて出展社数、来場者数とも最大級だった
今年の「機械要素技術展」は同時開催展と合わせて出展社数、来場者数とも最大級だった
[画像のクリックで拡大表示]
同時開催の「設計・製造ソリューション展」「3D&バーチャルリアリティ展」
同時開催の「設計・製造ソリューション展」「3D&バーチャルリアリティ展」
[画像のクリックで拡大表示]
同時開催の「医療機器開発・製造展」
同時開催の「医療機器開発・製造展」
[画像のクリックで拡大表示]