PR

 フランスのグループPSAは、最新のクリーンディーゼルエンジン搭載車を、「Peugeot」「Citroen」「DS」ブランドの各車に相次いで追加する。その第1弾として、Peugeotの「308」と「508」が発売開始となった。今回試乗したのは、308である。

 Peugeot 308のディーゼル車は、排気量1.6Lターボの「Allure」と2.0Lターボの「GT」というように、2種類のエンジンが2車種に分けて搭載されている。いずれも、ハッチバックとステーションワゴンに同じ設定がある。

1.6Lのディーゼルターボエンジンを搭載した308 SW Allure Blue HDiの印象が非常によかった
1.6Lのディーゼルターボエンジンを搭載した308 SW Allure Blue HDiの印象が非常によかった
[画像のクリックで拡大表示]
2.0LディーゼルターボエンジンはGTシリーズに搭載される
2.0LディーゼルターボエンジンはGTシリーズに搭載される
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、1.6Lターボエンジン搭載のステーションワゴン車、308 SW Allure Blue HDiに乗った。これが、非常にいい印象を与えた。排気量はわずか1.6Lで、1420kg(試乗車はパノラミックルーフを装備のため20kg重い)という車両質量のあるステーションワゴン(ハッチバック車は1340kg)を走らせるわけだが、アクセルを踏み込んだその一瞬こそ、それほど力強くないなと思わせながらも、素早くエンジン回転を高めることでターボチャージャーの過給を活かしスルスルと速度を上げていく。

排気量が大きくなる分力強さを伝える2.0L直列4気筒直噴ディーゼルエンジンだが、振動・騒音は1.6Lの方が洗練されている
排気量が大きくなる分力強さを伝える2.0L直列4気筒直噴ディーゼルエンジンだが、振動・騒音は1.6Lの方が洗練されている
[画像のクリックで拡大表示]

 アクセル操作に対するエンジン回転の応答は、いかにも摩擦損失が少ない様子をうかがわせた。また、この素早いエンジンの応答と、アイシン・エィ・ダブリュ製の6速自動変速機(AT)の相性がよく、エンジンが最も力を発揮する領域を巧みに操って、運転者が期待する加速に応えてくれる。