PR

 2014年12月に、ドイツBMW社初のBMWブランドでFF車である「2シリーズアクティブツアラー」の試乗記を掲載しているが、その3列シート版といえるのが、「2シリーズグランツアラー」だ。そして今回は、排気量2.0Lのディーゼルターボエンジン車に乗った。BMW最新のクリーンディーゼルエンジンであり、また3列シートのMPV(マルチ・パーパス・ビークル)としては、初のクリーンディーゼル車となる。

試乗したのは、「218d Gran Tourer M Sport」。他に、1.5Lと2.0Lのガソリンターボ車もある
試乗したのは、「218d Gran Tourer M Sport」。他に、1.5Lと2.0Lのガソリンターボ車もある
[画像のクリックで拡大表示]
BMW車のお約束通り、運転席はドライバー中心のデザインとなっている
BMW車のお約束通り、運転席はドライバー中心のデザインとなっている
[画像のクリックで拡大表示]
運転席は、ドライバーの体をしっかり支える作り
運転席は、ドライバーの体をしっかり支える作り
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料