PR

 ダイハツ工業の「キャスト」は、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)を意識した軽自動車で、一台のクルマから、「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」という三つの個性を与えた車種が展開される。このうち、今回試乗できたのは、スタイルの自然吸気(NA)エンジン車と、アクティバのターボエンジン車である。

 実際のクルマを見ると、非常に質感の高い仕上がりであるのが分かる。ボディーパネルの合わせの精緻さや、ボディーカラーの艶が、軽自動車の安さや実用性といった一般的に描かれてきた印象を払拭させられる。また、外観デザインと車高の高さによって、存在感のある大柄なクルマにも感じられる。それでも、軽自動車なのだ。また、それぞれに、FF(前部エンジン・前輪駆動)と4WD(4輪駆動)があるが、今回の試乗はどちらもFF車だった。

 先に、スタイルのFF車に乗った。日常生活の中で普段利用することを視野にした車種である。

都会的なテイストのエクステリアのCASTスタイル
都会的なテイストのエクステリアのCASTスタイル
[画像のクリックで拡大表示]
自然吸気エンジンでも文句ない走りをもたらす
自然吸気エンジンでも文句ない走りをもたらす
[画像のクリックで拡大表示]