PR

 トヨタ自動車の「クラウン」が部分改良を受け、構造用接着剤の採用や、スポット溶接の増し打ちなどにより、車体剛性を高めている。さらに、安全運転支援策として、外部社会基盤からの情報を活用した世界初採用の「ITS Connect」が実用化された。また、「アスリート」に2.0Lガソリン直噴ターボエンジンが加わった。

 目玉となるのは、初搭載の直列4気筒2.0Lツインスクロールターボ直噴ガソリンエンジンでダウンサイジングクラウンを図ったことだ。変速機は、8速AT(自動変速機)だ。

2.0L直噴ガソリンターボエンジンを搭載した、「アスリートS-T」
2.0L直噴ガソリンターボエンジンを搭載した、「アスリートS-T」
[画像のクリックで拡大表示]
日本の色をコンセプトに、全12色のボディカラーが新設定され、これは燃料電池車MIRAIと同じ「天空(ソラ)」
日本の色をコンセプトに、全12色のボディカラーが新設定され、これは燃料電池車MIRAIと同じ「天空(ソラ)」
[画像のクリックで拡大表示]