PR

 台湾MediaTek社はスペイン・バルセロナで2016年2月に開催されたMobile World Congress 2016において、世界初となる10コアプロセッサー搭載スマートフォン(スマホ)のデモ機を披露した。プロセッサーの製品名は「Helio X20(MT6797W)」。2016年春に供給を開始するとのことだった。

 そして中国Meizu社が2016年4月13日に「Meizu Pro 6」をリリースした。価格は32GBモデルが2499元(約3万9000円)、64GBモデルが2799元(約4万3000円)。Meizu Pro 6は同社スマホのフラッグシップモデルであり、プロセッサーとしてHelio X20を搭載していた。以下、カナダChipworks社の協力のもと実施したMeizu Pro 6分解調査の結果を報告する。

Meizu Pro 6の外観
Meizu Pro 6の外観
[画像のクリックで拡大表示]
背面の認証ラベル
背面の認証ラベル
米国FCC(連邦通信委員会)の認証番号は記載されていない。米国への輸出は念頭に置いていないようだ
※本記事の端末および画像はカナダChipworks社よりご提供いただいた。ご厚意に御礼申し上げる。