PR

処方薬の過剰摂取を防げ

 頭痛の治療法の問題点として、処方薬の過剰摂取が挙げられます。The Boston Globeによると、米国では約50万人以上もの人が慢性頭痛に悩まされているとされています。

 慢性頭痛は、ストレスを解消することやリラックスした状態を得ることで緩和されていくと言われていますが、現状では鎮痛剤を処方される患者が多く、その88%は治療に満足していないという結果がでています。さらに、全体の20%の患者はオピオイド系鎮痛剤を10日以上処方され、薬物依存になってしまうというケースも珍しくありません。

 もちろん頭痛以外にも、神経痛などで鎮痛剤を過剰摂取してしまう患者は少なくはないでしょう。このように、従来の医薬品では課題があった点に対して、副作用や過剰摂取の問題がないモバイルヘルスが力を発揮し、患者のQOLにつながるような可能性を生みだしていく未来が、近く実現されていくと思います。