PR

立ちはだかる「ポルターガイスト現象」

「僕ら、「川口には幽霊がいる」なんて言っています(笑)」
「僕ら、「川口には幽霊がいる」なんて言っています(笑)」

:他に苦労したのは電波対策です。AMの電波塔の近くに行くと、誤作動する恐れがあって。

F:なるほど。電波塔の近くで、強い電波をセンサーが拾ってしまうと誤作動してしまう。強い電波は電子機器に深刻な影響を与えますからね。昔はトラックの運ちゃんがアマチュア無線のトランシーバーを違法改造して、ワッテージをバリバリに上げて、遮断器を開けちゃったりする裏技が有りました。

: AMの電波塔の位置と、その電波の強さを表す全国地図があるんです。日本でどこが一番強いかというと、埼玉の川口です。川口にあるんです、デカい電波塔が。

F:はー。川口にAMの大きな電波塔が。知りませんでした。

:そこにクルマを持っていくと、クルマが勝手に反応して、バックドアが突然パカっと開いたりすることがあるんですよ。

F:ひょえー!ドアが勝手に!ポルターガイスト現象だ(笑)。それ、既に売っているクルマですか?

:売っています。今でも普通に売っています。輸入車ですが、普通に開いちゃいますね。だから僕ら、「川口には幽霊がいる」なんて言っています(笑)。セレナも開発中の車両を持っていくと、勝手にガーッと開いたりしました。クルマの向きを変えたり、電波塔のどちらの方向で、何キロのところにこうやって置くと……というのを見ていくと、ある一定の向きで、ある距離になると、ガッと開くんですよ。そこの場所で。

F:面白い。これは最高に面白い。

:だからちょっと足を入れるだけで、センサーが敏感に反応して、すぐにドアが開くようではやはりマズいんです。猫やカニもそうですが、電波の問題も有る。何度も言いますが、その辺りのロジックを作り上げていくのには本当に苦労しました。時間もかかりましたし。

 セレナは絶対に大丈夫ですが、今度他の会社のクルマで川口に行って試してみて下さい。本当に開いちゃうクルマが有りますから。

F:やろうやろう。これは面白い企画だよ。ハンズフリードア誤動作選手権大会。一番早く開いちゃうクルマはどこか?ねえY田さん。これやりましょう。

担当編集Y田:……やりません……。

ADフジノ:バカ過ぎますよ。もっと建設的なことをやりましょうよ。ほら、クルマ本体の話を聞いて下さい。