PR

「今後は、俺も後ろレイアウトにしたいとは思っている」

F:微妙なところと言えば、フロントブレーキのキャリパーは、なぜ軸の前に有るのですか?重量物を中心に寄せたいという先程のお話からすると、キャリパーは軸の後ろに置くべきですよね。これはなぜですか。

慣性モーメントを減らすためには、重量物はなるべく車体の中心に近付け、低い位置に搭載するというのが理想的な配置となる。フェラーリやポルシェなどの高級スポーツカーでは前後ブレーキキャリパーを車体の中心側に配置するのが定石だが、GT-Rではフロントは外側に、リアは中心側に配置されている。ちなみにトヨタ86/スバルBRZは前後共に外側、一方のマツダロードスターは前後共に中心側へと配置しておりエンジニアのこだわりがみてとれる
慣性モーメントを減らすためには、重量物はなるべく車体の中心に近付け、低い位置に搭載するというのが理想的な配置となる。フェラーリやポルシェなどの高級スポーツカーでは前後ブレーキキャリパーを車体の中心側に配置するのが定石だが、GT-Rではフロントは外側に、リアは中心側に配置されている。ちなみにトヨタ86/スバルBRZは前後共に外側、一方のマツダロードスターは前後共に中心側へと配置しておりエンジニアのこだわりがみてとれる

:そこを聞くかい(笑)。その通り、もちろん後ろにした方がバランス的には良いに決まっている。前にしたのは、こうした方が他のクルマと部品の共用が出来て有利だったからだ。

 今後は俺も後ろレイアウトにしたいとは思っている。GT-R“だけ”ということであれば、それも可能だ。でも今はあの辺のパーツをスカイライン等と共用しているから、これだけを変えると大変なことになってしまう。ステアリングコラム、というか、PS(パワーステアリング)も全部変えなきゃいけなくなってしまう。

 悲しいかな、1つの量産ラインによる制約というものが幾つかある。本当のスーパーカーの理想としたら、後ろに置くべきものなのかも知れない。言っている意味はよく分かっている。

F:なるほど。要はコストの問題。

:有り体に言えばそういうこと。GT-Rだって一応量産のクルマだからね。ある量産のラインの中で、量産効果を出していかなければいけない。GT-Rの値段が1000万円で「高い」と思う人もいるかもしれない。だけどあのスペックで1000万円は安いよね、という言い方だって出来る筈だ。

F:安いです。ハッキリ言って激安価格だと思います。同じスペックのクルマを持ってくるとなると、今や2倍じゃ足りませんもの。3倍のカネを持ってこないとGT-Rと互角に戦うことは出来ませんもの。正真正銘のバーゲンプライスだと思います。