PR

──どのような場面で実験計画法を使うのでしょうか。

皆川氏:新しい製品を設計するときに使います。実験計画法を使わないと、先ほどのあなたの方式と同じです。適当にサンプルを作って評価してOKにしてしまう。極端な場合、わずか2種類のサンプルを作り、実験して良い方に決めてしまう。なんとも大ざっぱですが、こうした決め方をする日本企業は実に多いのです。いわゆる「N=2、OK」というやつです。

──実験計画法を使っている日本企業はどれくらいあるのでしょうか。

皆川氏:実験計画法を知らない企業は意外に多いのではないでしょうか。多変量解析よりも使いこなしている企業は少ないと思います。なぜかといえば、多変量解析はデータがあるのに対し、実験計画法はデータがないからです。そのため、自分たちでサンプル(試作品)を作っていかなければなりません。それに対して抵抗感があるのではないでしょうか。

 しかし、実験計画法を使っていないと最適解かどうかを判断することができません。永遠に最適解にたどり着けない可能性もあります。それでも、とりあえず製品は出来る。だから、実験計画法を使っていない、あるいは知らないケースがたくさんあるのだと思います。

 トヨタグループでは新製品を開発設計する際に実験計画法は必須です。理由はシンプル。実験計画法を使って最適解に最短ルートでたどり着きたいからです。