PR

 本質に迫れると、何(どのような「事物の本質に準じる考え」)が見えるのか。顧客価値を生まない業務を削減すべきであるという考えは、普通、そんなの当たり前と思われるものだ。コストダウンをすべきという考えと混同されるものでもある。しかし、「顧客価値を提供すること」というビジネスの本質に迫れると、顧客価値を生まない業務を削減すべきであるという考えは、あくまでも企業が生み出す顧客価値を高めて売上アップを実現するものであることが見える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料