PR

 機器開発を進める上で欠かせない熱設計。本稿では、熱設計の専門家であるサーマルデザインラボ 代表取締役の国峯尚樹氏が、熱の性質を理解するための基本知識をクイズ形式で紹介する。今回は、ヒートシンクの設置方向について考える。国峯氏は、技術者塾「車載機器の熱計算とExcelシミュレーション」で講師を務める(詳細はこちら)。(記事構成は日経テクノロジーオンライン)

 下図の同じ発熱量を持つ自然空冷ヒートシンクで、最も温度が高くなる置き方はどれか。

[画像のクリックで拡大表示]