PR

昨今、市場要求レベルの高まりや規制強化への対応により、開発において達成すべき要件は複雑化の一途をたどっています。さらに、グローバル化でますます多様化する市場要求に対応するため、各社は開発機種のバリエーションを増やす方針を打ち出しており、開発現場にはより一層の開発工数削減や期間短縮が求められています。このように、従来よりも厳しいレベルで複雑な開発要件を短納期で成立させることが求められる中、多くの企業が開発後半で発生する、ある“問題”に悩まされています。その問題とは、「ものを作ってみて初めて発覚する性能未達や不具合の多発」です。今回は、同様の悩みを抱えていた自動車メーカーA社が実践した、問題解決の取り組みについてご紹介します。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)