PR
体験状況
体験状況
[画像のクリックで拡大表示]
UC-win/ROADでHMD用の左右画像を生成
UC-win/ROADでHMD用の左右画像を生成
[画像のクリックで拡大表示]

   ドライビングシミュレータを取り扱うフォーラムエイト(東京都品川区)は2017年10月末に開幕した「ITS世界会議2017(カナダ・ケベック州)」で、ヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着したバーチャルリアリティ(VR)と連動して揺動する低価格小型モーションシート出展した。

   これは、同社の基幹シミュレーションソフトUC-win/ROADと連動して揺動するシートで、HMDと合わせて手軽に臨場感のあるVRを体験可能とした。VRモーションシートの販売価格は140万円と、モーションを体験できる揺動型シミュレータとしては低価格であり、かつ体験者の表示インタフェースをHMDとすることによりこれまでにない省スペースを実現している。

   UC-win/ROADはHMD用の左右視界用の画像を発生させることができ、HMDを装着した体験者はこれだけで奥行き感のある映像を実感できる。これにシートのモーションが加わると、走行路のアップダウンによる上下振動や、コーナリング時の横G感を感じることができるため、更に臨場感のある状況を体感することが可能となる。