PR

 2017年3月にIDC Japanが発表した調査では、2016年通年の国内「外付型エンタープライズストレージ装置」の支出額で、SSDで構成する「オールフラッシュアレー」が前年比84.3%増、SSDとHDDで構成する「ハイブリッドフラッシュアレー」は同7.7%増、HDDで構成する「オールHDDアレー」は21.6%減とありました(発表資料)。この結果から、オンプレミス側のストレージ装置のフラッシュ化がいよいよ本格化したように見えます。

 加えて、2016年には、フラッシュメモリーメーカーやSSDメーカー、オールフラッシュアレーメーカーが「ビット単価でHDDを追いつき、いずれ追い越す」と、しきりにアピールしていました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い