PR

 2017年8月に米Intel社が発表した、新しいSSDのケース仕様「Ruler」がストレージ業界で注目されています。現在のSSD製品が抱える課題を解決する手段と目されているからです。

Intel社が発表した、新しいSSDのケース仕様「Ruler」
Intel社が発表した、新しいSSDのケース仕様「Ruler」
[画像のクリックで拡大表示]

Rulerは、その名の通り、定規(英語で「ruler」)のように細長い形状をしています。端的に、「M.2」規格のカード型SSDを大きくした上、ケースで囲んだものと言えるでしょう。

 Rulerは、Intel社などが仕様を策定中である、データセンター向け不揮発性メモリー(NVM)の規格「Enterprise & Datacenter Storage Form Factor(EDSFF)」に基づいています。EDSFFの仕様が確定され次第、RulerをEDSFF準拠の製品としてIntel社は発売する考えだと思います。

 EDSFFは仕様策定中であるものの、例えば、「NVM向けホットプラグの対応」「PCI Expressでの接続」「1U、あるいは2Uサイズの対応」「12V電源」「カードエッジコネクターの採用」などが決まっています。なお、Intel社はカードエッジコネクターを、EDSFFの仕様策定団体とは別の業界団体「Small Form Factor Committee」に提案し、規格化を目指しています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い