PR

 先日、あるお客様との会話の中で、「SSD対応のRAID(Redundant Arrays of Independent Disks)カード(ボード)」が話題に上がりました。このSSD対応のRAIDカードですが、“SSD対応”とうたっているにもかかわらずSSD向けにどのような機能を拡張すべきか、きちんと検討して必要な機能を網羅している製品が少ないと感じています。SSDはHDDと違いますから、SSD用に色々と機能を追加しないといけません。今回は、RAIDカードでSSD対応をうたう際に必要な機能について、考察したいと思います。

 そもそもRAIDとは、独立した複数のディスクを使って冗長化されたストレージを実現するための技術です。RAIDを構築する目的は、大容量化(論理ボリュームの拡大)、速度性能向上、信頼性向上のいずれか、あるいはそれらすべてになります。