PR

先日、あるお客様との会話の中で、「SSD対応のRAID(Redundant Arrays of Independent Disks)カード(ボード)」が話題に上がりました。このSSD対応のRAIDカードですが、“SSD対応”とうたっているにもかかわらずSSD向けにどのような機能を拡張すべきか、きちんと検討して必要な機能を網羅している製品が少ないと感じています。SSDはHDDと違いますから、SSD用に色々と機能を追加しないといけません。今回は、RAIDカードでSSD対応をうたう際に必要な機能について、考察したいと思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)