PR

 「トランプ時代の歩き方」と題して、トランプ政権下での電子業界に対する影響を考える視点を抽出する今回のテクノ大喜利。2人目の回答者は、イノベーションマネジメントや科学技術政策を専門とするコンサルタント、アーサー・D・リトルの三ツ谷翔太氏である。米国が次々とイノベーションを生み出してきたメカニズムを明確に定義して、トランプ政権のインパクトを論じる。また、米国でのイノベーション創出環境の変化で生まれる、日本をはじめとする米国以外の国々の機会についても示唆する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料