PR

 グンゼは金属細線や金属めっき糸などの導電性繊維を用いたニット素材や布地の応用例を「第2回 ウェアラブルEXPO」(2016年1月13~15日、東京ビッグサイト)に出展した。人が装着するウエアとしては、姿勢(背筋の伸び具合)や心拍、心電、体表温などを検出する機能を持つ上半身用下着、部分的に加温できるソックスやタイツなど。畜産用途で牛に着せるウエアとしては、夏の暑い時期にウエアの濡れ具合をモニターし、乾燥したら湿らせて牛を冷やす「ウシブル」を展示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する