PR

CPUコアと独立して自律的に実行

 そこで、今回、ルネサスは、一般的な3相PWMタイマーにEVモーター制御に特化した機能や回路を付加したIMTSを開発した。IMTSは上記の低レベル処理をCPUコアと独立して自律的に行うことができる。これによって、CPUコアの負荷が低減し、CPUコアは低燃費向けのアルゴリズムなど、EV差異化につながる処理に専念できるようになる。低レベル処理には、座標変換などを行うフィールド指向制御演算やセンサー補正処理が含まれるが、IMTSによってフィールド指向制御演算を世界最速という0.8μsで実行できるとした。CPUコアでのソフトウエア処理の1/10の処理時間であるという。また、IMTSではセンサー補正処理も実行できるとする。

今回のPWMタイマー(IMTS)を集積したマイコンによるEVモーター制御 ルネサスの図。
今回のPWMタイマー(IMTS)を集積したマイコンによるEVモーター制御 ルネサスの図。
[画像のクリックで拡大表示]
IMTSの効果 ルネサスの図。
IMTSの効果 ルネサスの図。
[画像のクリックで拡大表示]