英ARM社は、ARMv8-Aアーキテクチャーの新たなCPUコアとして「ARM Cortex-A32」を発表し、ドイツ・ニュルンベルクで開催の「embedded world Exhibition & Conference 2016」(2月23日~25日)で紹介した。ARMv8-Aアーキテクチャーの最大の訴求ポイントは32ビット命令に加えて64ビット命令をサポートすることだが、新製品は32ビット専用とした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い