PR

 ソシオネクストは、メディカル・ヘルスケア分野のソリューションを拡充する(pdf形式のプレスリリース)。モバイル超音波ソリューションを提供してきた「viewphii(ビューフィー)」シリーズのラインナップに、モバイル連続血圧計ソリューションとモバイル心電計ソリューションを追加する。

 医療用途への適用を視野に開発を進め、モバイル機器からの生体測定データをクラウド上で一括管理する「メディカルIoT統合ソリューション」としての提供を目指す。2016年4月20~22日開催の「MEDTEC Japan 2016」(東京ビッグサイト)に、各ソリューションを出展する。

3つのソリューションを用意
3つのソリューションを用意
[画像のクリックで拡大表示]

 ソシオネクストは2015年4月、脂肪や筋肉の量を可視化できるモバイル超音波生体センサー「viewphii」を開発。モバイル超音波ソリューションとして、「MEDTEC Japan 2015」で披露した(関連記事1)。筋肉量や脂肪量を手軽に測定でき、クラウド上でデータを管理できる特徴から「医療従事者から大きな注目を集めた」(ソシオネクスト)という(同2)。

 同社はこの反響を受け、ハードウエアとソフトウエアの両面から同ソリューションを改良し、適用範囲を医療用途にも拡大。加えて、これらの開発を通じて実現した非侵襲での診断/モニタリング技術を応用し、医療現場での使用を想定した「連続血圧計」「心電計」の各ソリューションを開発した。3つのソリューションの内容は次の通り。