PR
表彰式の様子
表彰式の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 「MEDTEC Japan 2016」(2016年4月20~22日に東京ビッグサイトで開催)では、医療機器の製造・設計において優れた成果を上げた日本企業を表彰する「MEDTECイノベーション大賞」が実施され、ユニバーサルビューの「オルソケラトロジーレンズ」が大賞を受賞した。同大賞は、医療機器の設計・製造に取り組む企業を後押しする世論を喚起することなどを目的に2012年に創設されたもので、今回が5回目の開催。

 大賞を受賞したオルソケラトロジーレンズは、手術をせずに視力を矯正するもの。就寝時に専用のコンタクトレンズを装用して、角膜表面の形状を変化させることで視力改善を図る。既に欧米では実施されていた治療法だが、ユニバーサルビューは日本人の角膜形状に合ったレンズを開発した。

 この他、優秀賞はインテリジェントウェアの「パラシールド」、期待賞は武蔵医研の呼吸同調器「IVY」が受賞した。パラシールドは、国立循環器病研究センターとプロダクトデザイナーがタッグを組んで開発した、医療従事者が病院内で眼鏡のように“普段使い”できるアイウエア。医療従事者の眼が、患者の血液や体液に曝露されることによる院内感染(職業感染)を抑える医療雑貨である(関連記事)