PR
ワイヤレス給電をデモ
ワイヤレス給電をデモ
[画像のクリックで拡大表示]
タッチキーの動作デモ
タッチキーの動作デモ
[画像のクリックで拡大表示]

 表面に金属端子やスイッチ類が一切なく、丸洗いできる――。そんな完全防水型の補聴器を、ルネサス エレクトロニクスが「MEDTEC Japan 2016」(2016年4月20~22日、東京ビッグサイト)で提案した。機器メーカーと共同開発中で、同社が強みを持つ“3つのコア技術”を生かす。「使用による汚れが問題となり、丸洗いのニーズが高い医療機器」(ルネサスの担当者)として、補聴器に着目した。

 利用するのは、無線通信とワイヤレス給電、そして近接センサー(タッチキー)の技術だ。Bluetooth Low Energyモジュールを搭載し通信を無線化することに加え、独自仕様のワイヤレス給電機能を実装。無線で充電可能とする。動作設定管理などにタッチキーを使うことで、スイッチや操作ボタンも排除。表面にコネクタやスイッチが露出していない、完全防水設計を実現する。

 3つの技術のうち、タッチキーは静電容量式で、高い感度と信号/雑音比を実現できる点が大きな特徴。最大30cmの近接センシングが可能なほか、流水中やゴム手袋をはめた状態でも入力を正しく検出できる。医療現場などでとりわけ有用な特徴だ。