PR

「viewphii」シリーズの展示
[画像のクリックで拡大表示]
「viewphii」シリーズの展示

 ソシオネクスト(本社横浜市)は、拡充した「viewphii(ビューフィー)」シリーズを「MEDTEC Japan 2016」(2016年4月20~22日、東京ビッグサイト)に参考出展した。2015年に発表したモバイル型の超音波機器に加えて、モバイル型の連続血圧計とモバイル型の心電計を追加した(関連記事)。機器で測定した結果はタブレット端末で確認することができ、クラウド上にデータを保存することが可能だ。同社はviewphiiをヘルスケア分野で主に展開していこうという考えだったが、「医療従事者からの関心が非常に高く、医療向けの開発に注力するようになった」(同社)という。

 モバイル連続血圧計は、指輪のような測定部とセンサー本体部から成る機器である。測定部を指に巻くことで、1拍ごとの血圧を連続測定できる。病院では手術後などに患者の状態を把握するために連続的に血圧を取るニーズがあるが、従来は「血管に測定用の針を刺す必要があり、患者の負担が大きかった」(同社)。また、人工透析の現場での利用も視野に入れている。人工透析を受ける患者は一定時間おきに血圧を測る必要がある。連続的に血圧を測定できるようにすることで、患者の状態を常時モニタリングでき、医療従事者の負担も減る。

モバイル型の連続血圧計
[画像のクリックで拡大表示]
モバイル型の連続血圧計