PR

電通国際情報サービス(ISID)は、トヨタ自動車向けにVR(仮想現実)技術を用いて遠隔地間で3Dモデルを共有するシステムのプロトタイプを開発した。ヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)を介して仮想空間上の車両の3Dモデルを見ることで、遠隔地の複数ユーザーがあたかも同じ空間で1台のモデルを眺めているような環境を実現する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料