PR
今回の実証研究の概要イメージ
今回の実証研究の概要イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は、「糖尿病版 類似症例検索システム」が糖尿病の重症化予防を目的とした診断に役立つかどうかを評価する実証研究を、2016年7月中旬~2017年3月31日に長崎川棚医療センターと長崎県大村市内の4医療機関で実施する。

 富士通と長崎川棚医療センターは、糖尿病の重症化予防や効果的な治療に役立てるシステムの研究を2015年10月にスタート。その成果として、医師の治療方針決定を支援する「糖尿病版 類似症例検索システム」を開発した。

 今回の実証研究では、2014年度に富士通が開発した「糖尿病版 疾病管理マップ」に、このシステムの分析対象として必要な合併症の治療内容や病態・経過が記載できるデータ項目を追加。これをデータ収集基盤として活用している。

 治療内容や病態・経過などの情報は、参加医療機関で治療を受けている糖尿病患者本人の同意を得た上で糖尿病版 疾病管理マップに集積する。参加医療機関の医師は、糖尿病版 類似症例検索システムが抽出した類似症例や重症化傾向の統計分析結果を参考に、自己の診断と比較してシステムの有用性を評価する。

 なお、糖尿病版 疾病管理マップと糖尿病版 類似症例検索システムは、2016年7月13~15日に開催される「国際モダンホスピタルショウ2016」に出展される。