PR
“Watson×電子カルテ”を訴求
“Watson×電子カルテ”を訴求
[画像のクリックで拡大表示]
テキストマイニングで電カルから因子抽出
テキストマイニングで電カルから因子抽出
[画像のクリックで拡大表示]

 大塚製薬と日本IBMが2016年6月に立ち上げた新会社「大塚デジタルヘルス」が、「国際モダンホスピタルショウ2016」(2016年7月13~15日、東京ビッグサイト)でその姿を初めて見せた。日本IBMのブースに出展。同年7月に提供を開始した、IBM Watsonを活用した精神科向け電子カルテ解析ソリューション「MENTAT」を紹介している。

 大塚デジタルヘルスは、精神科医療に対するデジタルヘルスソリューション事業を手掛けるための、大塚製薬と日本IBMによる共同出資会社(関連記事1)。抗精神病薬「エビリファイ」を手掛けるなど、精神科領域に強みを持つ大塚製薬の知見と、コグニティブコンピューティング技術などに関する日本IBMの知見を融合し、新たなソリューションを開発する。その第1弾となるのがMENTATだ。

 MENTATは、大塚製薬と日本IBMが数年前から共同開発を進めてきたクラウド型の電子カルテ解析ソリューション。電子カルテに記載された自由記述文から、患者の入院長期化や再発に影響を及ぼすような重要度の高い因子を、IBM Watsonのテキストマイニング能力を利用して抽出。時系列で解析したり、統計処理したりする。

 統合失調症などの精神疾患の診療を対象に、医師と看護師、ケースワーカーの3者にとって有用な情報を抽出。対象とする患者と似たような因子を持つ患者に対し、過去にどのようなケアが有効だったかを参照するような使い方が可能だ。

 愛知県の医療機関と共同で検証を進め、2016年7月にソリューションとしての提供を始めた。共同検証を行った医療機関で稼働が始まったほか、他にも複数の医療機関が導入を検討中という。

 大塚デジタルヘルスは今後、MENTATに続く新しいソリューションを開発する考え。例えば、大塚製薬はエビリファイに米Proteus Digital Health社の極小センサーを組み込んだ錠剤「デジタルメディスン」を開発中(関連記事2)。精神科領域での服薬アドヒアランス向上を狙うもので、新会社では「デジタルメディスンと組み合わせたソリューションの開発も考えられる」(大塚デジタルヘルス)。