PR
展示した端末。左が専用アタッチメント。右が端末にディスポーザブル電極を装着した様子
展示した端末。左が専用アタッチメント。右が端末にディスポーザブル電極を装着した様子
[画像のクリックで拡大表示]
アプリ上で測定データを表示させた例
展示した端末。左が専用アタッチメント。右が端末にディスポーザブル電極を装着した様子
アプリ上で測定データを表示させた例
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニオンツールは、携帯型心電計を「国際モダンホスピタルショウ2016」(2016年7月13~15日、東京ビッグサイト)に参考出展した。「健康管理のツールとして、家庭や職場などで手軽に使ってもらうことを想定している」(同社)という。現在、薬事申請中である。

 測定方法は2通りある。1つは、端末に専用アタッチメントを装着し、このアタッチメントの両脇にある電極を両手で持つ方法。もう1つは、端末にディスポーザブル電極を装着し、胸部に貼り付ける方法である。

 測定データは、Bluetoothによって専用アプリをインストールしたタブレット端末やスマートフォンに送信、表示できる。心電図波形を表示することもできるが、一般利用者にも分かりやすいコメントを表示するようにしている。

 一部有料の解析サービスとして、測定データをクラウド上で解析し、利用者に解析結果を通知する仕組みも検討しているという。