PR
左から、バンダイナムコエンターテインメント AM事業部 エグゼクティブプロデューサーの小山順一郎氏、同社 AM事業部 企画開発1部プロデュース1課 マネージャーの田宮幸春氏、コロプラ VR開発チーム マネージャーの小林傑氏。
左から、バンダイナムコエンターテインメント AM事業部 エグゼクティブプロデューサーの小山順一郎氏、同社 AM事業部 企画開発1部プロデュース1課 マネージャーの田宮幸春氏、コロプラ VR開発チーム マネージャーの小林傑氏。
[画像のクリックで拡大表示]
「高所恐怖SHOW」
「高所恐怖SHOW」
CEDEC2016の別のセッション「『VR ZONE Project i Can』の知見、全部吐き出します!」での資料。高さ200mの地点で板1枚の上に乗った子犬を救出するというコンテンツ。体験者は命綱となるハーネスを取り付ける。
[画像のクリックで拡大表示]

 「VR(Virtual Reality)の体験者が、バンジージャンプをするように地面へと飛び込んだのには驚いた」(バンダイナムコエンターテインメント AM事業部 企画開発1部プロデュース1課 マネージャーの田宮幸春氏)――。

 CEDEC2016で行われたパネルディスカッション「VR最前線『VRビジネスの現在と未来』」で、パネリストの1人である同氏は、VRコンテンツの体験者が起こした想定外の行動をこう語った。

 バンダイナムコエンターテインメントではVRコンテンツを体験できる施設として「VR ZONE Project i Can」をダイバーシティ東京プラザに開設している。同施設内のコンテンツの1つに、「高所恐怖SHOW」がある。高さ200mの高層ビルで迷子になった子犬を助け出す、というものだ。田宮氏によると、高所恐怖SHOWの開発中に、映像内のビル群に飛び込もうとした体験者がいたという。「(VR空間のビル群に)『落ちてみたいです』と言いながら、本当に地面に向かって胸から飛び込んだ」(同氏)。