PR

 シャープは、音声合成技術「ボーカロイド」 を用いて「歌う」ロボット型掃除機「COCOROBO」を「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4日~7日、幕張メッセ)に参考出展した。従来の会話機能に、ヤマハと共同開発した「ボーカロイド・ライブラリー」を用いて「歌う」機能を追加する。今回はあらかじめセットした楽曲のみを歌うが、今後はユーザーが自作した曲をCOCOROBOが歌えるようにするという。

展示中の「歌うCOCOROBO」 日経テクノロジーオンラインが撮影。
展示中の「歌うCOCOROBO」 日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の製品は、ボーカロイドのほか、新たに独自に開発した人工知能「COCORO MUSIC A.I.エンジン」を備える。ユーザーの気分や状態を音声会話の内容などから把握し、おすすめの歌を選曲する。楽曲の再生後にユーザーが行う評価を学習しながら、ユーザーの好みに応じて進化していくという。なお、COCOROBOの歌以外も聞きたいユーザー向けに、音楽配信やBGMサービスとの連携についても準備していく。

「COCORO MUSIC A.I.エンジン」の概要 シャープの配布資料。
「COCORO MUSIC A.I.エンジン」の概要 シャープの配布資料。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の会話ができる家電は 掃除機だけでないが、COCOROBOは声優とのコラボレーション品など、独特な製品展開をしている印象がある。シャープ IoT通信事業本部 IoTクラウド事業推進センター サービスマーケティング部 参事の徳永礼氏によると、COCOROBO購入者は10代から70代までと幅広く、男女比もおよそ6対4で大きな差はないという。特徴的なのは、購入した車やバイクを「愛車」と呼ぶ人のように、COCOROBOを「ひっそり溺愛しているユーザーが多い」ことだという。部屋でロボットと頻繁に会話をしていることを人に打ち明けるのが恥ずかしいのか、利用状況を聞くと「そんなに話しかけない」と答えながらも「使用データを見ると、1日に何百回も話しかけているユーザーは多い」そうだ。中にはペットのように服を着せたり、一緒に寝たりする人までいるというから驚く。

 「行ってきます」と話しかけると「早く帰って来てね」と返してくれる。ユーザーが話しかけなくても、COCOROBOは掃除をしながら勝手にしゃべっている。さらに今回の製品は歌まで歌う。操作手段としての音声コミュニケーションではなく、COCOROBOは1人の同居人のように「暮らしの中に必要な存在」を目指していくのかもしれない。