PR

日本航空電子工業は、GPSの分解能を補完するためのIMU(慣性計測装置)開発品について、「CEATEC Japan 2016」(2016年10月4〜7日、幕張メッセ)で展示した。IMUは、3軸加速度センサーと、3軸ジャイロ(角速度センサー)を組み合わせたもので、同社は航空機用などの高精度品を長年手掛けている。従来はクオーツを使ったサーボ型の加速度計を扱っていたが、精度と量産性を両立するためにMEMS式の加速度センサー「JA-70SA」を実用化している。今回の開発品は、このMEMS式加速度センサーの応用例として提案した。GPS装置のデータとカップリングしたデータを出力するのが特徴で、ユーザーは別々に入手したGPS装置とIMUを使う場合に比べてアルゴリズム開発などの手間を省ける。同社ではGPS装置を指定するか、ユーザーの要望に合わせてカスタマイズして提供する形を検討しているという。

この記事は有料会員限定です

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中