PR

 スタンレー電気は波長265nmの光を発する深紫外LEDで光出力50mWの高出力品と、同LEDを使った水殺菌用リアクターの開発品を「CEATEC JAPAN 2017」(2017年10月3~6日、幕張メッセ)で展示した。深紫外LEDは2017年12月からサンプル対応を開始し、2018年に量産を開始する予定。水殺菌用リアクターは工場などに向けた大型品を想定しており、実用化時期は未定とする。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料