PR

ラピスセミコンダクタは2015年10月2日、農業や社会インフラ監視などの用途を想定した土壌センサーを開発したと発表した。静岡大学工学部 准教授の二川雅登氏と共同開発したもので、水分量や温度、酸性度(ph値)などのセンサー機能を半導体基板上に1チップに混載したセンサーである。同年11月1日から韓国で開催されるセンサー関連の国際学会「IEEE Sensors 2015」で今回の成果を発表する他、同年10月7日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」で試作機を展示する予定である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)