PR

 台湾XYZprinting社の日本法人であるXYZプリンティングジャパン(本社東京)は、今後発売する予定のホビー向け2足歩行ロボットや手持ちタイプの小型3Dスキャナーなどを「CEATEC JAPAN 2015」(2015年10月7~10日、幕張メッセ)において国内で初披露した。従来同社が手掛けている3Dプリンターの新機種(4製品)も参考出展。ロボットも3Dスキャナーも3Dプリンターとの連携を意識しており、関連製品という位置付けだ。

3Dプリンターでカスタマイズ

 2足歩行ロボット「XYZロボット」は18の可動軸を持ち、ジャイロセンサーや測距センサーを備えている(図1)。サーボモーターなどは自社で開発したという。Bluetooth通信のリモコンで操縦できるほか、パソコンで作成したプログラムを読み込ませて動作させることも可能だ。米国やヨーロッパでは年内にも発売する予定で、完成品もしくは組み立てキットでの提供となる。日本での発売時期は未定だが、価格は10万円程度になる見込みだ。

 XYZロボットは、各部を付け替えてカスタマイズできるように設計されている。同社はオプションパーツの3Dデータを公開し、ユーザーが3Dプリンターで自由に造形できるようにする計画だ。取り付け部分の形状データが公開されれば、ユーザー独自のパーツを設計し、オリジナルパーツによるカスタマイズも可能になる。

図1 ホビー向け2足歩行ロボット「XYZロボット」
図1 ホビー向け2足歩行ロボット「XYZロボット」
3Dデータを公開し、3Dプリンターで造形した部品でカスタマイズすることも想定する。背景のパネルに表示されている左右のロボットが、カスタマイズの例。
[画像のクリックで拡大表示]