PR

 小型のオフロード車を電気自動車(EV)にしたらどう進化するのか——。そんな想像を起点にスズキが開発したのが、小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)タイプのEVコンセプト「e-SURVIVOR」だ(図1)。「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)で車両を公開した。

図1(a)EVコンセプト「e-SURVIVOR」
図1(a)EVコンセプト「e-SURVIVOR」
[画像のクリックで拡大表示]
図1(b)コンセプト車然とした内装
図1(b)コンセプト車然とした内装
[画像のクリックで拡大表示]

図1(c)2人乗りの小型SUVに仕上げた
図1(c)2人乗りの小型SUVに仕上げた
[画像のクリックで拡大表示]
図1(d)フロントグリルはスズキが好んで使う六角形を意識したデザイン
図1(d)フロントグリルはスズキが好んで使う六角形を意識したデザイン
[画像のクリックで拡大表示]

 同社社長の鈴木俊宏氏は2017年10月25日、東京モーターショーの会場で開いた記者発表会で「乗り物は常に、人をワクワクさせなければならない」と訴えた。軽自動車のSUV「ジムニー」はその好例だろう。

図2 床下にリチウムイオン電池を搭載する
図2 床下にリチウムイオン電池を搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発表したe-SURVIVORは、ジムニーと同様にラダーフレームを使った車体構造を採用した。リチウムイオン電池はラダーフレームの内側に、床下に敷き詰めるように配置している(図2)。1回の充電で走行できる距離は未公表。