PR

北陽電機(本社大阪市)は、3D計測が可能な測域センサー「YVT-35LX」を2017年10月に発売する。測域センサーは、レーザーを照射した反射光によって検出物までの距離を測定するもの。新製品は、3Dの広範囲にレーザーを照射し、2Dでは難しかった幅や奥行き、高さを測る。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い