PR
ヘルスケア分野のIoT導入をクラウドからデバイスまで支援する
ヘルスケア分野のIoT導入をクラウドからデバイスまで支援する
[画像のクリックで拡大表示]

 ルネサス エレクトロニクスはヘルスケア分野のIoT導入を支援するプラットフォームを「デジタルヘルスDAYS 2015」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)に出展している。

 ルネサスのBluetooth Low Energy通信モジュールに、ユビキタス社のIoTデバイスを管理するWeb APIを備えたクラウドサービス「dalchymia(ダルキュミア)」、デバイスエージェントである米LNI社(Lamprey Networks, Inc.)の「HeathLink PHD」、デバイスエージェントからデータを受け取ってクラウドへ送信するIoTゲートウエイであるLNI社の「HeathLink OXP」を組み合わせたものとなる。HeathLink PHDと同OXPはヘルスケア分野の相互運用規格であるコンティニュア設計ガイドラインに準拠しており、ヘルスケア分野の標準的なフォーマットを用いて各種のデータをクラウド側へ送信する。このため、取得したデータは変換せずに、そのままクラウドに蓄積・管理できるという。

 ルネサスでは同プラットフォームを用いたヘルスケアソリューションを、早ければ年内にも提供開始する。その際、ユーザーが短期間でサービスをスタートアップできるように、血圧計、血糖値計、脈拍計などのソリューション別にシステム構成などのリファレンスを用意するとしている。