PR

工作機械に使われる軸受やボールねじが故障する前に、予兆を検出する技術をシチズンマシナリー(本社長野県・御代田町)とNSKが「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した。早めに軸受を交換することで、予期しないタイミングでの工作機械のダウンを防ぐことができ、ダウンタイムも最小化できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料