PR
便器と便座の間からアームが出現
便器と便座の間からアームが出現
[画像のクリックで拡大表示]
トイレットペーパーを挟んだ実際の利用シーン
トイレットペーパーを挟んだ実際の利用シーン
[画像のクリックで拡大表示]

 商業施設運営などを手掛ける日本アシストは、お尻を自動で拭くアームを備えた「ロボット便座」を「第42回 国際福祉機器展 H.C.R. 2015」(2015年10月7~9日、東京ビッグサイト)に出展した。在宅介護向けに2016年夏をめどに発売したい考え。

 肘掛けと一体化した構造をしており、通常のトイレに取り付けて使える。排泄後、ウオッシュレットを使った後に肘掛けのボタンを押すと、トイレットペーパーを挟んだ「ふき取りアーム」が便器と便座の間から出現。アームが動いて、濡れたお尻を拭いてくれる。アームへのトイレットペーパー補給機構も備える。

 手や下肢などが不自由で、自力でお尻を拭くことが難しい被介護者の利用を想定する。下半身の感覚のない利用者も想定することから、肘掛けのLEDが光って、ふき取り中であることが視覚的に分かるようにした。通常のトイレに取り付けられるサイズへの小型化に労を要したという。厚生労働省の「障害者自立支援機器等開発促進事業」で開発中だ。