PR
モニターと、その中央上部に取り付けたカメラ/赤外線距離センサーで構成
モニターと、その中央上部に取り付けたカメラ/赤外線距離センサーで構成
[画像のクリックで拡大表示]
十分に使えていない筋肉を鍛えるための訓練法をアドバイス
十分に使えていない筋肉を鍛えるための訓練法をアドバイス
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、介護予防やリハビリテーションに向ける「3D測定・訓練システム(仮称)」を開発。「第42回 国際福祉機器展 H.C.R. 2015」(2015年10月7~9日、東京ビッグサイト)に出展した。通所介護(デイサービス)施設やサービス付き高齢者施設などでの利用を想定する。

 カメラと赤外線距離センサーを使い、運動時の体の動きを3次元的に測定。3方向(正面と両側面)からの姿勢をモニター画面に表示させることで、望ましい動きを意識した訓練ができるようにした。

 同社はデイサービス施設向け訓練支援システムとして「バランス訓練・測定機」を製品化済み(関連記事)。これに対し今回のシステムでは、運動中に十分に使えている筋肉とそうでない筋肉をモニター画面に図示。十分に使えていない筋肉を鍛える訓練法をアドバイスするなど、「筋肉トレーニングの機能に力点を置いた」(パナソニック)。