PR

クラウドでケア全体の変革を

 これらのシナリオを実現する基盤となるのが、ヘルスケア向けクラウドである。Microsoft Azureによるヘルスクラウド事業によって、複数のシナリオをつなげ、(4)のケア全体の変革を進めていくと大山氏は語る。

 ヘルスケア向けクラウドは、「セキュア クラウド」「ワークスタイル イノベーション」「アドバンスト テクノロジ」という3つの軸で展開していくという。

 セキュア クラウドは、国内外の医療・医薬品業界の各種の規制や法律に対応したクラウド基盤であること。「ヘルスケアに関わるユーザーが安心・安全に利用してもらえるための重要な視点だ」(大山氏)とした。

 ワークスタイル イノベーションは、済生会熊本病院の事例で示したように、文字通り働き方改革を推進するための軸である。そしてアドバンスト テクノロジは、AI技術やMR(複合現実)技術などヘルスケアにおける先端技術をクラウドで提供することを指す。

 大山氏は最後に、日本マイクロソフトのヘルスケアへの想いを次のように語り、講演を締めくくった。「医療機関や製薬会社、行政機関、各種医療系学会の方々、そしてパートナー企業とともに、日本におけるデジタルを駆使したヘルスケア改革にこだわった活動を進めている。そうした取り組みを通し、安心・安全にヘルスケアの改革を達成すべく、日本の医療ITの支柱なり社会に貢献していく」。